サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

NEWマシン「きり子」登場

いや〜、ひたすら白ネギと格闘しております。
秋冬ものの出荷が3月で終わり、
春ものに仕様が変わります。
が、しかし!
間に合っておりません(´・ω・`)

なので、見るにみかねて、社長がNEWマシンを導入しました。

根と葉を切るマシン、「きり子」です。

これで2つの手順が機械化され、全体的に効率UP!
のはずでしたが…

うまいこと切れなくて、ちゃっちゃとさばけなくて…
あんまし増産できておりません。。

きり子が来たのは、昨日。
昨日は、人力と数が変わりませんでしたが、
今日2日めとなると、少しは要領が分かり、
なんとか1.3倍くらいの増産に成功しました!

これでやっと、ボーダーラインに乗った感じです(´・ω・`)

増産できたのは良いとして、
その後に出てくる切れっ端(業界用語で、残渣と言います)が
いつも以上に出てくるのです。
これらを掃除するのにも、ひと苦労。

今日は何だか、ドッと疲れました。。。

必勝パターンが出来るまで、
そして片付けも含めて、完全に効率化されるまで、
こんな疲れが続くと思うと、先が思いやられます(´;ω;`)