サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

ここ1週間の振り返り(その1)

作業日誌をつけよう!と思いながら、
約1週間も溜めてました…(´д`;)
このブログと一緒ですなw

毎朝、社長から1日の指示が出るので、
写真に撮って記録してました。
それをノートに書き写しながら、注意ポイントや
気づいたことをメモして行く方式です。

ということで、1週間振り返り。
本当はイラストや写真などが一緒だと、より分かり易いのですが、
今回は文字だけでm(_ _)m
今後は、イラスト・写真も載せれるように頑張りマス。

10月28日(金)
米袋(きぬむすめ)ゴム印押し、きぬむすめ田の雑草刈り

ゴム印押しは難なく終了。
雑草刈りといっても、何だか木みたいのが生えている。
稲刈りの障害になりそうな、その木みたいのを最優先で刈る。
でないと、時間が無い…。

10月29日(土)
苗箱洗い
レタス、白菜収穫〜調整〜出荷(サニーレタスとサンチュは全部刈る)

サニーレタスとサンチュ、いわゆる葉ものは、
これ以上育たないので、全部刈ってしまいました。
あとは、春先に稲の苗を育てていた容器をひたすら洗浄。
バケツを改造したみたいな道具で洗浄するんですが、
異常なくらい僧帽筋を使う動作です。
四十肩を気にしていたので、いい筋トレになりましたw

10月30日(日)
法事で休み

母方のお婆さんの法事に出席。
といっても、ごく少人数の地味な法事でした。
その後に食事をするのですが、お坊さんも同席するスタイルで、びっくり。
宗派によるものなのか、ちなみに禅宗
しかもそのお坊さん、タバコを1日3箱吸うとか、
○○宗は儲かるから空きがなくてなれなかった、とか、
中々に生臭もので、面白いお坊さんでしたw

10月31日(月)
管理機運搬〜白ネギ土寄せ

ガソリンで動かす農機・管理機を畑に移動させて、
それを使って畑を掘り起こし、
柔らかくなった土を白ネギに寄せていく、
という作業です。
で、この日作業した畑が、元々は田んぼだった土地で、
土が粘土のように固い!
濡れるとネチョネチョになり、
乾くと石みたいにカチカチになるという、
何とも難儀な土質なんです。
言葉では何ともお伝えしにくいのですが…
社長曰く「3倍手間がかかる」とのこと。
3倍手間かけて、3倍の値段で売れたらいいんですけどね。

(その2に続く)