サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

昨日は、見知らぬ農道で脱輪しました

過去もそうだったように…仕事内容がパターン化すると、更新が滞る傾向があります(´∀`;) 晴れなら稲刈り、雨なら籾ずり(刈ってきた籾を玄米にする作業)の繰り返しです。

今日は雨だったのですが、昨日完了していないハデかけ作業をし、その後も畑にでかけました。

ハデかけした田んぼの例

f:id:max_tk:20171015202148j:plain



今年から、自社の田んぼではなく個人の生産者の方の田んぼで、コンバインで稲刈りをしてあげるという仕事が増えました。要するに「委託を受けて、稲刈り作業をする」ということです。
昨日、初めてそれに出掛けました。私はコンバインの操作ができないので、収穫した籾を受け取る役です。

地図で現地を確認し向かいまして、まずコンバインで刈り取ります。そしてタンクが一杯になった頃合いに軽トラに積んだ超特大の袋で受け取るのです。

一杯になったタイミングとコンバインの動きから、その時に軽トラを停めていた道路ではない、別の農道で受け取ろうと移動しました。

それが、めちゃめちゃ細い農道で、突き当たりが車が出せないところでした。なので、なんとかバックで入ろうとしましたら…盛大にハミ出してしまい、20年ぶりくらいに脱輪しました…(´д`;)

ハマった瞬間は、斜体が30度くらい傾いていたので、さすがに大いに焦りました。。。それを見た社長も苦笑いするしかありません。。。

自動車保険のオプションでついてたロードサービスにSOSで来てもらい、クレーン車で釣って救出してもらったのでした。


自動車の運転でもこんなですから、コンバインを操れるようになるのは、いつになることやらですw

そんなこんなで、初めてのところは要確認、無理はしない!と心に誓った出来事でした。



これくらいしか、トピックがないのですが、また折りをみてボヤキ案件を書いてみたいと思います。