サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

ネズミくん達は、メロンパンがお好き【完結】

先日、メロンパンの皮だけ作戦を実行しました。
結果報告です。

引っ掛かりませんでした( ´∀` )

おかしいな~と思い、居間に入ると、
部屋の片隅に、ネズミ捕りの粘着シートが仕掛けてあり、、、
その一角に、瀕死のネズミくんが!

どうも母親が仕掛けたようですが、エサは…

抹茶味のメロンパンw

やはり、本物のメロンパンじゃないとダメみたい(´・ω・`)

いつ掛かったのか分かりませんが、
か細い声で、キューキュー泣いてます。

私はその姿を見て、
「もう、人間サマに悪さするなよ~」とつぶやきながら、
庭の木の下で、粘着シートから剥がして、
野に放ったのでした。

とはいえ、後ろ足はネバネバで固まって動かず、
ほぼ半身動かない状態です。
自力で動くのは、ほぼ不可能でしょう。

最後の情けで、口元にメロンパンをひとかけら、
くっつけてやりました。

もしこれで逃げれたら、コイツはカーリマン(英雄)。
マスターキートン「砂漠のカーリマン」的な

生き物は何であれ、ムダに情が入ってしまいますが、
ネズミくんとの闘いは、
こうして、あっけなく幕引きとなったのでした。。。



その日帰って見てみたら、
ネズミくんの姿はなく、
最後のメロンパンも跡形もなくなってました。

ネズミくんがどこかへ旅立ったのか、
カラスとかが何とかしてしまったのか…。

亡骸を直接見ることがなかったのが、まだ幸いかと。
ネズミくん、どこへ行ったか知らんが、
安生よろしくやっておくれ。


ということで、ネズミが出たら、
メロンパンをエサに仕掛けをするといいよ、
という短編シリーズでしたm(_ _)m