読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

年末のイチゴシーズン真っ只中

仕事

今日は朝から、イチゴの収穫でした。
この季節には珍しい?暖かい日和で、
ハウスの中で汗だくになってましたw
f:id:max_tk:20161219205620j:plain

収穫の時は、実に触りません。
ヘタのところを上手くちぎって、
パック詰めする際にも実には触らず、
ヘタをつまんでやりくりします。

熟れると柔らかくなるので、
置く時にもそ~っと置いたりして、
とても丁寧に扱います。

何もしてないのに、表面はツヤツヤして、
赤色はもちろんですが、
ほの赤いピンクの肩あたりも綺麗で、
何だか、宝石を扱っている気分になってきます。

季節柄、これを笑顔で食べている子供たちの顔を思い浮かべながら、
収穫していました。
→私は独身、もちろん自分の子供の顔ではないです(^-^;)

先日11パック出荷したのですが、
検査の結果、色や痛みがあるとして、
4パックが規格外になってしまいました。

今日も18パック出荷しましたが、
半分は規格外品です…。

粒は大きく育っているのですが、
なかなか難しいんですね~。

まだまだ春まで収穫が続きます。
その間、収穫しながら手入れもしていきます。

もっと綺麗に育つように、
愛情込めていきたいと思います(・∀・)