サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

20数年ぶりの実家で過ごす冬

地元・鳥取には、19才までいて、
それからの20数年間、
人生の半分以上は大阪で過ごしました。

今朝雪が降って、フト思いました。

実家で冬を迎えるのは、20数年ぶりだぞ…
と。

私が小学生の頃は、
一夜明けたら積雪60cm、とかありまして、
腰までズボズボ埋まりながら小学校に行った記憶があります。

その頃に比べたら、今は全然降らなくなりましたね。

降らなくなったとはいえ、凍結とかはあり得ます。

不安…(´・ω・`)

何より車の運転が怖いので、
安全運転、気をつけます。



話は飛びますが、
20数年ぶりに帰ってきて、浦島太郎状態になっているのが、
合併などで、県内の市町村の名称やエリアが変わっていることです。

町名が変わっても、字は変わらないので、
何とか会話は理解できるのですが、
慣れてないので、単にピンと来ないというw

10年ひと昔、と言いますが、
ふた昔もいない間に、田舎もどんどん変わるんですね。