読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

Apple製品から感じた、デザインの力

モノのデザイン

使う人の行動をもデザインしてしまう

iPod mini
iPod touchiPhone
MacBook Air

iPod miniで感じた衝撃
→イヤフォンのコードは黒くて目立たないようなものが主流だったのに、
白いコードを見せながら使う、という発想。

iPod touchiPhone
→ただの箱型の機械が、ソフトウェアで機能が変わる。
手のひらサイズのパソコン

MacBook Air
→当時の「ネットブック」をあざ笑うかの如く、
「薄くて軽くて高性能」を現実化した。
私も当時は光学ディスクをほとんど使ってなかったので、
ディスク・ドライブを排除したデザインは、ベストタイミングだと思った。

おそらくは、初代Macintoshの衝撃も、
そんな感じだったろうと予測する。
「パソコンはマウスでグリグリ操作する」という行動をデザインした、
の意。

それはある種、価値観の転換をも意味するかもしれない。


製品のデザインとは何たるか。深い。