読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン農民の日記 at 鳥取の片田舎

ジョージ真木と申します。大阪で20数年暮らし、2016年9月、Uターン。農業法人に就職して、農業始めました。その徒然…(´∀`)

大阪で実際にあったことメモ

ボヤキ 生活

書き留めてあったメモから、
この春先に会った出来事をドロップ。
なんか、いろいろ考えさせられたのでw

〜〜〜〜〜〜〜〜
先日歩いていると、とあるサムギョプサル店から
突然店員のおばちゃんが駆け出してきて、
「お兄さん!忘れ物!」と叫んでいた。
どうやら先を歩く男×2と女×2のグループらしい。

おば「おーい、忘れ物〜!」
グル「!?!?」
 そのうちの男「あ!オレのんや!」

グル一同、おばちゃんに歩み寄る。
ちなみにオイラ、このとき真横を通り過ぎるその瞬間。

おば「ほな、ありがとうね〜」
グル一同「おいおい〜(的な雑談)」

そして、グループ一同その場を去る。

え?
グループのうちの誰か一人でも、
というか当の本人はお礼言ったか?
真隣を通りすぎたけど、何にも聞こえんかったぞ。。。

そして、何事もなかったかのように、
グループ一同は夜の繁華街へ消えていったのであった。

いや〜アカンでしょ。
生まれて初めて「コイツの親の顔が見たい」と思った。
礼も言えない男、それを容認する連れ…。

なんか、いろいろ間違えて来たモノが、
この場に集約されているような気がして、
やるせなくなった…。